無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の許可・承認申請

無人航空機の飛行の許可

飛行の許可が必要なケース

(1)空港等の周辺(進入表面等)の上空の空域での飛行

(2)150メートル以上の高さの空域での飛行

(3)人口集中地区の上空での飛行

これらの(1)~(3)に該当する場合には、地方航空局長の許可を受ける必要があります。

 

飛行の承認が必要なケース

(1)夜間(日没後)飛行

(2)目視外飛行

(3)人や物件から30メートル未満の飛行

(4)イベント(祭礼、縁日等)上空飛行

(5)危険物輸送

(6)物件投下

これらの(1)~(6)に該当する場合には、地方航空局長の事前承認が必要です。